メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  世界初、RCTで希少がんの標準治療を確立

Oncology Tribune

世界初、RCTで希少がんの標準治療を確立

神経内分泌がんにEP療法とIP療法

2022年08月30日 10:00

415名の医師が参考になったと回答 

 治療薬の有効性と安全性を比較してエビデンスに基づく治療を選択するにはランダム化比較試験(RCT)が必須だが、希少疾患は患者数に乏しくRCTの実施が困難である。国立がん研究センター中央病院肝胆膵内科医長の森實千種氏らは、希少がんの1つである神経内分泌がん(NEC)の第Ⅲ相RCTを世界で初めて実施。NECの一次治療において、エトポシド+シスプラチン(EP療法)とイリノテカン+シスプラチン(IP療法)の全生存(OS)は同等で、いずれも標準治療として確立された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  世界初、RCTで希少がんの標準治療を確立