メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  骨粗鬆症性椎体骨折に「安静」臥床

骨粗鬆症性椎体骨折に「安静」臥床

診療ガイドライン策定に一歩前進

2022年09月01日 17:15

1144名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 筑波大学脊椎・脊髄外科講師の船山徹氏らは、骨粗鬆症性椎体骨折の保存療法における安静臥床の有効性を検討する前向きコホート研究を実施。その結果、急性期における初期2週間の限定的な入院安静臥床は、安全で高い治療効果が得られる保存療法であることが示されたとJ Bone Joint Surg Am2022年8月24日オンライン版)に発表。「本知見が、診療ガイドラインの策定につながるのではないか」としている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  骨粗鬆症性椎体骨折に「安静」臥床