メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  血栓症はコロナ重症化の危険因子

血栓症はコロナ重症化の危険因子

国内・CLOT-COVID研究

2022年09月05日 16:06

478名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者は血栓症を合併しやすいことが報告されており、患者のQOLや予後に大きな影響を及ぼす危惧がある。長崎大学大学院循環器内科学/同大学病院循環器内科病院准教授の池田聡司氏は、国内のCOVID-19患者における血栓症や抗凝固療法の実態を検討する後ろ向きコホート研究CLOT-COVIDのサブ解析により重症化の危険因子を検討。血栓症発症が重症化の危険因子であることを第42回日本静脈学会(7月7〜8日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  血栓症はコロナ重症化の危険因子