メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病の神経障害性疼痛薬、効果は3剤同等

糖尿病の神経障害性疼痛薬、効果は3剤同等

アミトリプチリン vs. デュロキセチン vs. プレガバリン

2022年09月05日 19:14

1510名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 糖尿病性末梢神経障害性疼痛(DPNP)には対症療法の第一選択薬としてほとんどの国際ガイドラインでアミトリプチリン、デュロキセチン、プレガバリン、ガバペンチンが推奨されているが、どの薬剤を最初に使用し、効果不十分な場合に何を追加すべきかをhead to headで比較したエビデンスはない。英・Sheffield Teaching Hospitals NHS Foundation TrustのSolomon Tesfaye氏らは、DPNP患者にとって臨床的に最も有益で忍容性の高い治療法を決定するため、第一選択薬のうち、アミトリプチリン、デュロキセチン、プレガバリンの各単剤療法とその併用療法による鎮痛効果を直接比較する多施設ランダム化二重盲検クロスオーバー試験OPTION-DMを施行。その結果、鎮痛効果はいずれの単剤療法、併用療法でも同等であったと、Lancet2022; 400: 680-690)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病の神経障害性疼痛薬、効果は3剤同等