メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  論文の質を上げる工夫とは?

論文の質を上げる工夫とは?

臨床論文の作成例を挙げて解説

2022年09月07日 05:00

917名の医師が参考になったと回答 

 執筆・掲載された論文の数と質は医師の客観的な評価指標の1つとして用いられるが、潤沢な資金や自由に使用できる貴重なデータが得られにくい若手臨床医が高評価を得るのは容易でない。米・Stanford Universityの佐々木一成氏は、比較的入手しやすいデータと簡易な統計手法を使用しつつ、高名な医学雑誌に掲載された実例を紹介しつつ、若手臨床医にも応用可能な臨床論文のブラッシュアップ法を第77回日本消化器外科学会(7月20~22日)で解説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  論文の質を上げる工夫とは?