メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  多発性骨髄腫、自家移植の恩恵が拡大

多発性骨髄腫、自家移植の恩恵が拡大

ドイツ・導入療法に関する単一施設分析

2022年09月07日 16:43

1102名の医師が参考になったと回答 

 ドイツ・University Hospital LeipzigのSong‑Yau Wang氏らは、1996~2019年に自家造血幹細胞移植(ASCT)を受けた初発多発性骨髄腫(NDMM)患者540例を対象に、導入療法に関する単一施設のデータを後ろ向きに分析。その結果、第Ⅱ/Ⅲ相試験で通常除外される併存症を有する139例が含まれたものの、無増悪生存(PFS)中央値が39カ月、全生存(OS)中央値が79カ月と過去30年間に実施されたASCTの試験と比べて遜色ない成績が示されたとJ Cancer Res Clin Oncol(2022年8月20日オンライン版)に発表した。同氏らは「実臨床では、臨床試験の対象よりもはるかに多くの患者がASCTの恩恵を受ける可能性がある」と指摘している。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  多発性骨髄腫、自家移植の恩恵が拡大