メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  高齢者 »  褥瘡合併の軟部組織感染症、対処法は

褥瘡合併の軟部組織感染症、対処法は

誤診しやすい発熱の正しい理解も示す

2022年09月07日 16:32

897名の医師が参考になったと回答 

 褥瘡は身体への持続した外力による阻血性障害と定義されるが、創部に細菌が定着し増殖することで感染症を発症する。重篤なケースでは死に至ることもあり、褥瘡状態評価スケールDESIGN-R2020ではinflammation/infectionの項目が設定されるなど、褥瘡治療において感染症管理は重要な位置付けとなっている。国立長寿医療研究センター副院長/皮膚科部長の磯貝善蔵氏は、褥瘡に合併する壊死性軟部組織感染症について、評価のポイントや対処法を第24回日本褥瘡学会(8月27~28日)で解説。誤診しやすい褥瘡患者の発熱の正しい理解の仕方も紹介した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  高齢者 »  褥瘡合併の軟部組織感染症、対処法は