メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  小児 »  生殖補助医療の子は小児がんリスクが高い

生殖補助医療の子は小児がんリスクが高い

2022年09月09日 05:00

1087名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 台湾・National Yang Ming Chiao Tung UniversityのShiue-Shan Weng氏らは、受胎方法と小児がんとの関連を検討するため、約230万例の親子を対象とした全国規模のコホート研究を実施。その結果、生殖補助医療技術(ART)による妊娠で生まれた児は、自然妊娠や不妊症でもARTを利用しない妊娠で生まれた児に比べて小児がんのリスクが高かったとJAMA Netw Open2022; 5: e2230157)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  小児 »  生殖補助医療の子は小児がんリスクが高い