メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ感染前のメンタル不調は後遺症リスク

コロナ感染前のメンタル不調は後遺症リスク

うつ、不安、心配、ストレス、孤独感でリスク増

2022年09月14日 16:13

858名の医師が参考になったと回答 

 米・Harvard T.H. Chan School of Public HealthのSiwen Wang氏らは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)陽性と判定された3,193例を対象に前向きコホート研究を行い、感染前の心理的苦痛と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)回復後の4週間以上持続する後遺症(Long COVID)との関連を検討。その結果、SARS-CoV-2感染前に抑うつ・不安症状、COVID-19に関する心配、自覚的ストレスなどのメンタルヘルスの不調や孤独感がなかった者と比べ、これらを有していた患者ではLong COVIDの発症リスク、Long COVIDに伴う日常生活障害のリスクが高かったとJAMA Psychiatry2022年9月7日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ感染前のメンタル不調は後遺症リスク