メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  BMI 5%増で6年後の腰痛リスクが11%上昇

BMI 5%増で6年後の腰痛リスクが11%上昇

握力弱いとさらにリスク増

2022年09月18日 05:00

1210名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 山形大学大学院医療政策学講座講師の池田登顕氏らは、反実仮想モデルという手法を用いて、4年間のBMIの変化が6年後の腰痛に及ぼす影響を検討。その結果、BMIが4年間に5%上昇すると腰痛の発症リスクは11%上昇すること、握力が弱い集団でのリスク上昇は17%とさらに影響力が大きいことが示されたとJ Gerontol A Biol Sci Med Sci2022年9月8日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  BMI 5%増で6年後の腰痛リスクが11%上昇