メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  薬剤情報 »  迅速承認の非がん治療薬、その後の評価は?

迅速承認の非がん治療薬、その後の評価は?

米・1992〜2018年の93適応症を検討

2022年09月20日 17:39

1475名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米食品医薬品局(FDA)は迅速承認プログラムの下、これまでに多くの薬剤を承認してきたが、特に非がん治療薬に関しては承認後の実態があまり検討されてこなかった。福島県立医科大学病院臨床研究教育推進部副部長・特任准教授の大前憲史氏らは、1992年の制度発足から26年間に迅速承認された非がん関連治療薬について、承認後の確認試験の結果やその後の承認状況などを評価。結果をJAMA Netw Open2022; 5: e2230973)に報告した(関連記事「迅速承認された新薬の治療効果は?」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  薬剤情報 »  迅速承認の非がん治療薬、その後の評価は?