メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  デスモイド腫瘍にγセクレターゼ阻害薬が著効

デスモイド腫瘍にγセクレターゼ阻害薬が著効

プラセボ対照二重盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験DeFi

2022年09月26日 05:00

818名の医師が参考になったと回答 

 デスモイド腫瘍(DT)は局所浸潤性が強い軟部組織腫瘍で、多様な症状を呈し、臨床経過が予想しづらい希少疾患として知られる。ドイツ・Mannheim Cancer CenterのBernd Kasper氏は、進行DT患者に対する経口γセクレターゼ阻害薬nirogacestatのプラセボ対照二重盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験DeFiの結果を欧州臨床腫瘍学会(ESMO 2022、9月9~13日)で発表。同薬に大幅な予後改善効果が認められたことを報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  デスモイド腫瘍にγセクレターゼ阻害薬が著効