メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  ホルモン投与でダウン症の認知機能が改善

ホルモン投与でダウン症の認知機能が改善

2022年09月26日 17:20

571名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 ©Adobe Stock※画像はイメージです

 ダウン症候群(DS)は出生児800人に1人に見られる遺伝的疾患であり、知的障害を伴い治療法はほとんどない。一方、DSと一部類似した病態を呈するカルマン症候群はゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)の分泌量の低下が原因であることが分かっている。そこで、フランス・University of LilleのMaria Manfredi-Lozano氏らはDSの成人患者にGnRHを投与したところ、認知機能の改善が認められたとする研究結果をScience(2022;377:eabq4515報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  ホルモン投与でダウン症の認知機能が改善