メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  増加著しい梅毒、現状と新規治療薬を解説

増加著しい梅毒、現状と新規治療薬を解説

2022年09月27日 17:59

1151名の医師が参考になったと回答 

 日本では2015年ごろから梅毒患者が急増し、今年(2022年)は6月時点で5,000例に達し、年間で1万例を超えることが危惧されている。愛知医科大学大学院臨床感染症学教授の三鴨廣繁氏は、増加が著しい梅毒の現状と治療方針について、新たに国内で使用可能となった国際的標準治療薬である筋注のペニシリン系抗菌薬ベンジルペニシリンベンザチン(BPB)も踏まえ、第74回日本産科婦人科学会(8月5〜7日)で解説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  増加著しい梅毒、現状と新規治療薬を解説