メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  国産コロナ経口薬候補、症状改善効果を確認

国産コロナ経口薬候補、症状改善効果を確認

第Ⅱ/Ⅲ相試験のPhase 3 partで主要評価項目達成

2022年09月28日 16:27

1094名の医師が参考になったと回答 

 塩野義製薬は本日(9月28日)、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の経口抗ウイルス薬として開発中のensitrevirについて、第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験のPhase 3 partで主要評価項目を達成したと発表した。軽症〜中等症のCOVID-19患者において、オミクロン株に特徴的な5症状が消失するまでの時間をプラセボに比べ有意に短縮したという。ensitrevirについては、7月20日に開かれた厚生労働省の審議会で「有効性を示すデータが不足している」として継続審議となったが、その後日本感染症学会と日本化学療法学会が緊急使用承認を求める提言を発出し、医療関係者から利益相反などを指摘する声が上がっていた。(関連記事:「国産コロナ治療薬の緊急承認に関する提言 」「オミ株出現で激変、新薬候補には疑義 」)

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  国産コロナ経口薬候補、症状改善効果を確認