メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  術後オシメルチニブ、長期でもDFSを改善

術後オシメルチニブ、長期でもDFSを改善

早期NSCLC:第Ⅲ相ADAURAのアップデート解析

2022年09月29日 17:04

1156名の医師が参考になったと回答 

 今年(2022年)8月24日、第三世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬オシメルチニブの「上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の非小細胞肺がん(NSCLC)における術後補助療法」に対する適応拡大が承認された。欧州臨床腫瘍学会(ESMO 2022、9月9~13日)では、国立がん研究センター東病院呼吸器外科長の坪井正博氏が、この承認の基となった第Ⅲ相試験ADAURAの無病生存(DFS)最終解析を含むアップデート解析の結果を報告。オシメルチニブ投与によりDFSの大幅な改善が継続して認められたと発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  術後オシメルチニブ、長期でもDFSを改善