メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  ヤングケアラーは不安や抑うつが強い傾向

ヤングケアラーは不安や抑うつが強い傾向

日本の中高生の7.4%が該当

2022年09月30日 05:00

1078名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 近年、日常的に家事や家族の介護・世話を行う18未満の子供、いわゆるヤングケアラー(YC)の存在が認識されるようになり、負担の大きさ、学業・就職への影響などが問題視されている。政府や自治体による支援体制の構築が進められているものの、日本におけるYCの割合や担っているケアの内容などについて、他国と比較できる尺度はない。東京大学病院精神神経科特任助教の金原明子氏は英・ノッティンガム大学社会科学学術院教授のStephen Joseph氏らと共同でYC尺度の日本語版を作成し、日本の中高生を対象にYCの割合や実態に関する調査を実施。その結果、7.4%がYCに該当し、非YC群に比べてYC群では向社会性が高い半面、不安や抑うつが強い傾向が示されたとPsychiatry Clin Neurosci2022年9月21日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  ヤングケアラーは不安や抑うつが強い傾向