メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  呼吸器 »  高用量トレプロスチニル吸入でPH-ILD改善

高用量トレプロスチニル吸入でPH-ILD改善

INCREASE試験のpost-hoc解析

2022年09月30日 17:25

1459名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 肺高血圧症(PH)は間質性肺疾患(ILD)患者の最大86%に見られ、運動機能やQOLの低下、死亡リスクの上昇に関連する。こうした中、プロスタサイクリン(PGI2)誘導体のトレプロスチニル吸入薬がILDによるPH(PH-ILD)患者の運動機能を改善し、臨床的悪化を抑制することを示したINCREASE試験の結果が昨年(2021年)報告された。 米・Inova Fairfax HospitalのSteven D. Nathan氏らは今回、高用量トレプロスチニル吸入薬の有用性を評価するため、同試験のpost-hoc解析を実施。1回の吸入数が9以上の高用量トレプロスチニル吸入薬群では、9未満の低用量群と比べて臨床的悪化イベントの発生率が低く、臨床的改善を達成した患者の割合が高かったとする結果をChest(2022年9月14日オンライン版)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  呼吸器 »  高用量トレプロスチニル吸入でPH-ILD改善