メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  インフルワクチンでコロナ感染リスク低下

インフルワクチンでコロナ感染リスク低下

健康診断受診によるhealthy vaccinee biasが影響か

2022年10月07日 17:30

1825名の医師が参考になったと回答 

 これまでの研究で、インフルエンザワクチン接種が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染に伴う入院や死亡などのリスク低下と関連することが示唆されている。カナダ・University of TorontoのHosseini-Moghaddam SM氏らは、同国オンタリオ州の地域住民228万例を対象にしたコホート研究を実施し、インフルエンザワクチン接種によりSARS-CoV-2感染が22~24%低下したとの結果を発表。一方で、定期健康診断(PHE)の受診の有無でSARS-CoV-2感染症の転帰に大きな差が生じたことから、PHE受診がワクチンの有効性に影響を及ぼした可能性があると、JAMA Network Open (2022; 5: e2233730)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  インフルワクチンでコロナ感染リスク低下