メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  薬剤情報 »  家族性地中海熱にトシリズマブが有効

家族性地中海熱にトシリズマブが有効

コルヒチン抵抗性患者を対象とした国内第Ⅲ相二重盲検RCT

2022年10月13日 05:05

1390名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 長崎大学内科学第一講座の古賀智裕氏らは、コルヒチン抵抗性または不耐性である日本人の家族性地中海熱(FMF)患者23例を対象に、インターロイキン(IL)-6阻害薬トシリズマブ(TCZ)の有効性と安全性を検討する第Ⅲ相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)を実施。その結果、TCZ群はプラセボ群と比べ発熱発作の発生回数が少なく、発作の再発率も有意に低かったと、Clin Exp Rheumatol2022; 40: 1535-1542)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  薬剤情報 »  家族性地中海熱にトシリズマブが有効