メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  小児がんサバイバーの二次乳がんリスクが減少

Oncology Tribune

小児がんサバイバーの二次乳がんリスクが減少

治療法の変化が影響か

2022年10月24日 17:25

1094名の医師が参考になったと回答 

 米・University of Chicago Comer Children's HospitalのTara O. Henderson氏らは、小児がんに対する治療法の変化と将来の乳がん発症リスクとの関連を検証する後ろ向きコホート研究(CCSS)を実施。小児がんサバイバー女性の浸潤性乳がんの発症率は経時的に低下したこと、その要因として胸部放射線療法の施行機会の減少が考えられることなどをJAMA Oncol2022年10月13日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  小児がんサバイバーの二次乳がんリスクが減少