メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  白斑で外用JAK阻害薬の有効性を確認

白斑で外用JAK阻害薬の有効性を確認

ルキソリチニブの2件の第Ⅲ相試験

2022年10月31日 15:40

871名の医師が参考になったと回答 

 米・Tufts Medical CenterのDavid Rosmarin氏らは、北米、欧州の施設で登録した白斑患者に対し外用ヤヌスキナーゼ(JAK)1/2阻害薬ルキソリチニブの有効性および安全性を評価する第Ⅲ相二重盲検ランダム化比較試験2件(TRuE-V1、TRuE-V2)を実施。52週の投与期間を通じて、ルキソリチニブ群は対照のvehicle(基剤)群と比べ、白斑病変の再色素沈着領域の拡大が認められるなど有意に良好な結果を示したとN Eng J Med2022; 387: 1445-1455)に発表した。有害事象として塗布部に痤瘡、瘙痒が5~6%の頻度で認められた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  白斑で外用JAK阻害薬の有効性を確認