メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  重症びらん性食道炎、ボノプラザンに優越性

重症びらん性食道炎、ボノプラザンに優越性

ランソプラゾールとの二重盲検RCT

2022年11月04日 05:00

816名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 びらん性食道炎に対する治療薬の主流は、プロトンポンプ阻害薬(PPI)ランソプラゾールとされる。一方、より強力な酸分泌抑制作用を持つカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)ボノプラザンの、びらん性食道炎への有効性を示すデータは限られている。米・Yale School of MedicineのLoren Laine氏らは、びらん性食道炎患者が対象の二重盲検ランダム化比較試験(RCT)において、投与開始8週後の治癒率および24週後の治癒維持率に関して、ボノプラザンがランソプラゾールに非劣性を示したとGastroenterology(2022年10月10日オンライン版)に発表した。重症患者に対しては、ボノプラザンの優越性も認められたという。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  重症びらん性食道炎、ボノプラザンに優越性