メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  コーヒーの種類を問わずCVDリスクが低下

コーヒーの種類を問わずCVDリスクが低下

インスタントやデカフェでも

2022年11月04日 16:35

1093名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 オーストラリア・University of MelbourneのDavid Chieng氏らは、カプチーノやフィルターで濾過したコーヒーなど粉状にひいたコーヒー豆から抽出したコーヒー(グラウンドコーヒー)だけでなく、インスタントコーヒーやカフェインを除去したコーヒー(デカフェ)であっても、日常的に摂取する習慣がある人では全く飲まない人と比べて心血管疾患(CVD)や死亡のリスクが低かったとの研究結果を、Eur J Prev Cardiol2022年9月27日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]3月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

希少疾患や難治性疾患に関する情報、何で知ることが多いですか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  コーヒーの種類を問わずCVDリスクが低下