メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  腎・泌尿器 »  PSA検診率上昇で転移性前立腺がんが減少

PSA検診率上昇で転移性前立腺がんが減少

2022年11月04日 16:40

1105名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 前立腺特異抗原(PSA)検診の有益性については議論の余地がある。米国では、75歳以上の男性のPSA検診を非推奨とした2008年以降、PSA検診受診率が低下した一方で、転移性前立腺がんの発生率は上昇している。しかし、集団検診受診率と将来の転移性前立腺がん発生率との関連を示す直接的な疫学的エビデンスはない。米・University of MichiganのAlex K. Bryant氏らは両者の関連を明らかにするため、2005~19年に米退役軍人保健局(VHA)128医療機関を受診した40歳以上の全男性患者データを後ろ向きに検討。PSA検診受診率が高かった施設では5年後の転移性前立腺がんの発生率が有意に低かったと、JAMA Oncol2022年10月24日オンライン版)に報告した。(関連記事「PSA検診非推奨後に進行前立腺がん増加」「<対談>日本の前立腺がん検診はかくあるべし!(前編)」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  腎・泌尿器 »  PSA検診率上昇で転移性前立腺がんが減少