メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  ICUでの選択的消化管除菌、院内死亡率が低下

ICUでの選択的消化管除菌、院内死亡率が低下

2022年11月07日 16:30

881名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 非吸収性抗菌薬を消化管内に局所投与し、院内感染の主な原因である好気性グラム陰性桿菌や真菌の増殖を選択的に抑制する選択的消化管除菌(SDD)は、人工呼吸器による呼吸管理が必要な重症患者の人工呼吸器関連肺炎(VAP)やbacterial translocation(BT)による血流感染などを予防する方法の1つとして注目されている。オーストラリア・University of New South WalesのNaomi E. Hammond氏らは、SDDの有効性を評価したランダム化比較試験(RCT)のシステマチックレビューとメタ解析を実施。集中治療室(ICU)で人工呼吸器による呼吸管理を受けている患者に対するSDDは、院内死亡率を低下させたと、JAMA2022年10月26日オンライン版)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  ICUでの選択的消化管除菌、院内死亡率が低下