メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  女性疾患・周産期 »  全身ホルモン療法でうつ病リスク上昇

全身ホルモン療法でうつ病リスク上昇

局所投与ではリスク低下、デンマーク人・82万例超の解析

2022年11月10日 16:03

793名の医師が参考になったと回答 

 デンマーク・Bispebjerg and Frederiksberg HospitalsのMarie K. Wium-Andersen氏らは、同国の全女性82万例超を45歳から平均11年間追跡し、更年期のホルモン療法(HT)とうつ病の関連を検討。その結果、50歳以前に全身投与(経口投与、経皮投与)によるHTを開始した女性でうつ病の発症リスクが上昇した一方、54歳以降に局所投与(腟内投与、子宮内投与)でHTを開始した女性ではうつ病リスクが低下したとJAMA Netw Open2022; 5: e2239491)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  女性疾患・周産期 »  全身ホルモン療法でうつ病リスク上昇