メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »   »  薬物貯蔵レンズ装用で角膜炎の治癒促進

薬物貯蔵レンズ装用で角膜炎の治癒促進

2022年11月14日 16:35

542名の医師が参考になったと回答 

 細菌性角膜炎は眼の外傷などが誘因となり細菌が角膜内に侵入することで発症し、角膜潰瘍を来すと片眼性失明に至る場合がある。局所治療には点眼薬や眼軟膏が使用されるが、病変での接触時間が極めて短く、投与量の5%程度の薬物しか病変にとどまらないとされる。インド・Dr Agarwal's Eye HospitalのLional Raj D氏らは、新たなドラッグデリバリーシステムとして開発された薬物貯蔵コンタクトレンズ(Drug-depository contactlens;DDCL)の有効性を、細菌性角膜炎患者を対象に非盲検ランダム化比較試験で検討。薬物と病変の接触時間を延長させることで細菌性角膜炎の治癒が早まったと、BMJ Open Ophthlmology2022; 7: e001093)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »   »  薬物貯蔵レンズ装用で角膜炎の治癒促進