メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  米国のがん死亡率は男女とも低下傾向

米国のがん死亡率は男女とも低下傾向

2022年11月14日 05:00

594名の医師が参考になったと回答 

 米国立がん研究所(NCI)のKathleen A. Cronin氏らは、NCI、米国がん協会(ACS)、米疾病対策センター(CDC)、北米中央がん登録所協会(NAACCR)が米国におけるがんの発生状況に関する最新情報をまとめた年次報告書2022年版をCancer2022年10月27日オンライン版)に発表した。2015~19年のがん死亡率は男女とも低下傾向にあり(年間平均で男性2.3%、女性で1.9%の低下)、肺がんの死亡率が最も大きく低下していた。2022年版では罹患率および死亡率がともに上昇傾向にある膵がんについて特集している。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  米国のがん死亡率は男女とも低下傾向