メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  アスピリン関連出血、ピロリ除菌で短期効果

アスピリン関連出血、ピロリ除菌で短期効果

2022年11月14日 16:40

714名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 アスピリン服用患者における消化性潰瘍および消化管出血の予防戦略としてHelicobacter pyloriH. pylori)除菌が考えられており、複数の試験が行われているが一貫した結果は得られていない。米国消化器病学会のガイドラインでは、予防的低用量のアスピリン開始時にH. pylori検査の実施が推奨されているが、根拠に乏しい。英・University of NottinghamのChris Hawkey氏らは、H. pylori除菌がアスピリン関連消化管出血を防ぐか否かを検討することを目的に多施設二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)を実施。その結果、H. pylori除菌はアスピリン関連消化性潰瘍による出血を防ぐものの、効果は長期的に持続しない可能性が示唆されたとLancet2022; 400: 1597‐1606)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  アスピリン関連出血、ピロリ除菌で短期効果