メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  にきびの中は皮膚常在微生物だらけ

にきびの中は皮膚常在微生物だらけ

2022年11月15日 11:49

577名の医師が参考になったと回答 

 痤瘡(にきび)と皮膚常在微生物には密接な関連があると考えられているが、炎症性痤瘡の面皰(コメド)の内容物に含まれる微生物叢の全容は明らかでない。日本メナード化粧品、藤田医科大学、ファスマックの研究グループは、次世代シークエンサー(NGS)を用いて炎症性痤瘡患者のコメド内の微生物叢を16s rRNAおよびITS遺伝子配列解析で検討した。その結果、Cutibacterium属(C. acnesなど)が優勢であったが、他にも多種多様な皮膚常在微生物が数多く存在していることをClin Cosmet Investig Dermatol(2022; 15: 2003-2012)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  にきびの中は皮膚常在微生物だらけ