メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  薬剤情報 »  遺伝性血管性浮腫に新たな発症抑制薬が登場

遺伝性血管性浮腫に新たな発症抑制薬が登場

ベリナート皮下注用2000

2022年11月16日 05:00

531名の医師が参考になったと回答 

 遺伝性血管性浮腫(HAE)の急性発作発症抑制薬として、血漿分画製剤の乾燥濃縮人補体第1成分(C1)インアクチベーター(商品名ベリナート皮下注用2000、以下ベリナート皮下注)が9月26日に製造販売承認を取得した。10月13日に開催されたCSLベーリング主催のプレスセミナーでは、順天堂大学革新的医療技術開発研究センター准教授の眞野訓氏が登壇。「患者は体のどこにいつ浮腫が起こるか分からず、また喉や腸などが腫れると生命に関わることもあり、日常生活で大きな不安を抱えていた。ベリナート皮下注の登場は浮腫発作を抑制できるだけでなく、皮下注投与による通院の負担軽減をはじめ、旬の味覚を楽しんだりスポーツをしたりするなど普通の生活を楽しめるようになる」と述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  薬剤情報 »  遺伝性血管性浮腫に新たな発症抑制薬が登場