メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  C型肝炎は単一レジメンで治療可能に

C型肝炎は単一レジメンで治療可能に

もはやアンメットニーズではない

2022年11月17日 05:05

658名の医師が参考になったと回答 

 C型肝炎は、直接作用型抗ウイルス薬(DAA)の登場で経口薬による治癒が可能になったが、一部治療不成功例も存在する。今年(2022年)8月、ソホスブビル(SOF)/ベルパタスビル(VEL)配合剤(商品名エプクルーサ)が適応拡大となり、未治療または前治療歴のないC型慢性肝炎・C型代償性肝硬変患者にも投与できるようになった。千葉大学大学院消化器内科学教授の加藤直也氏は「C型肝炎であれば1種類の薬剤の単一レジメンで治療が可能になった」と、9月27日に東京都で開かれたメディアセミナー(主催:ギリアド・サイエンシズ)で述べた。

ING_220927.png

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  C型肝炎は単一レジメンで治療可能に