メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  腎・泌尿器 »  SGLT2阻害薬に腎結石抑制効果か

SGLT2阻害薬に腎結石抑制効果か

2022年11月18日 05:05

870名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 尿路結石症は男性の7人に1人(15%)、女性の15人に1人(7%)が罹患し、5年で約50%が再発する。尿路結石の約90%がシュウ酸カルシウム(Ca)やリン酸Caを主成分とする一方、Ca結石の形成を抑制、溶解する薬剤や根治療法はない。最も有効な予防法が水分摂取にとどまることから、成因究明および再発予防法、治療薬の確立が求められている。東北医科薬科大学泌尿器科学教室の阿南剛氏〔現・四谷メディカルキューブ(東京都)泌尿器科科長〕らの研究グループは、SGLT2阻害薬の利尿作用や抗炎症作用に着目し検討した結果、同薬が腎結石の形成を抑制する効果を示したとPharmacol Res2022; 186: 106524)に発表した(関連記事「カルシウム結石溶解への挑戦」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  腎・泌尿器 »  SGLT2阻害薬に腎結石抑制効果か