メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  慢性B型肝炎に新規核酸医薬が有効

慢性B型肝炎に新規核酸医薬が有効

HBV mRNA標的のbepirovirsen

2022年11月21日 15:53

764名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 中国・University of Hong KongのMan-Fung Yuen氏らは、慢性B型肝炎患者457例を対象にB型肝炎ウイルス(HBV)のmRNAを標的とするアンチセンスオリゴヌクレオチドbepirovirsenの有効性と安全性を第Ⅱb相プラセボ対照ランダム化比較試験で検討。その結果、bepirovirsen 300mg週1回24週間皮下投与により、ヌクレオシド/ヌクレオチド類似体(NA)併用例の9%、非併用例の10%でB型肝炎表面抗原(HBsAg)およびHBV DNAの持続的な消失が認められたとN Engl J Med2022年11月8日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  慢性B型肝炎に新規核酸医薬が有効