メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  耳鼻咽喉 »  ヘッドホン使用で若者10億人に難聴リスク

ヘッドホン使用で若者10億人に難聴リスク

2022年11月22日 16:25

574名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 Mabel Amber

 世界では危険な音量での音楽聴取により難聴発症のリスクにさらされている若者が10億人超に上ることが明らかになった。米・Medical University of South CarolinaのLauren K. Dillard氏らはシステマチックレビューとメタ解析を実施し、世界的に12~34歳の若者におけるヘッドホン、イヤホンなどの使用やコンサート会場などの娯楽施設での危険な音量による音楽聴取頻度を検討。難聴を発症するリスクにある若者は10億人との結果をBMJ Global Heal(2022; 7: e010501)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  耳鼻咽喉 »  ヘッドホン使用で若者10億人に難聴リスク