メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  メトホルミンの有効性、実は見せかけ?

メトホルミンの有効性、実は見せかけ?

negative control outcomeによる残留交絡因子の検証

2022年11月22日 05:05

1010名の医師が参考になったと回答 

 米・Johns Hopkins UniversityのMike Powell氏らは、メトホルミンの有効性を検討する観察研究における残留交絡因子について検証した。その結果、2型糖尿病患者40万例超の後ろ向きコホート研究においては、メトホルミンによる入院日数および医療費の抑制効果を確認。しかし、50項目のnegative control outcome(メトホルミンとの直接的な関連が確立されていない身体的および精神的転帰)および前糖尿病患者8万例超の相補的コホートを用いて検証したところ、これらの効果は患者個人の健康状態に関連する残留交絡因子に起因することが判明したとJAMA Netw Open(2022; 5: e2241505)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  メトホルミンの有効性、実は見せかけ?