メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  キノコの幻覚成分が難治性うつ病に有効?

キノコの幻覚成分が難治性うつ病に有効?

催幻覚物質psilocybinの第Ⅱ相試験

2022年11月22日 05:00

782名の医師が参考になったと回答 

 英・Compass Pathfinder社のGuy M. Goodwin氏らは、幻覚性キノコの一種マジックマッシュルーム(和名ヒカゲシビレタケ)に含まれる幻覚成分であるpsilocybinの25mg単回投与により、治療抵抗性うつ病患者の重症度スコアを有意に改善したとする第Ⅱ相二重盲検並行群間ランダム化比較試験の結果をN Engl J Med2022; 387: 1637-1648)に発表した。ただし、自殺念慮の悪化例も認められたことから、今後の臨床試験においては注意が必要という。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  キノコの幻覚成分が難治性うつ病に有効?