メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  乾癬治療はCOVID-19発症リスクを下げる

乾癬治療はCOVID-19発症リスクを下げる

2022年11月22日 16:38

815名の医師が参考になったと回答 

 乾癬治療に用いられるTNFα阻害薬、インターロイキン(IL)-12/23阻害薬、IL-17阻害薬、IL-23阻害薬などの生物学的製剤について、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染リスクや新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の転帰悪化リスクの上昇は認められないことが示唆されているが(Dermatol Clin 2021; 39: 545-553)、乾癬患者におけるCOVID-19発症予防効果をもたらすか否かは不明だ。米・University of Miami Miller School of MedicineのJashin J. Wu氏らは、生物学的製剤や経口薬による全身治療を受けている乾癬患者におけるCOVID-19発症リスクについて、非乾癬患者および外用治療のみの乾癬患者と比べた後ろ向きコホート研究を実施。生物学的製剤やメトトレキサート(MTX)による全身治療は、乾癬患者におけるCOVID-19発症リスクを減少させることが示唆されたとJ Am Acad Dermatol2022年9月19日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  乾癬治療はCOVID-19発症リスクを下げる