メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  リバーロキサバンは下肢PADの新たな選択肢

リバーロキサバンは下肢PADの新たな選択肢

抗凝固薬+抗血小板薬の2つの経路で再狭窄を抑制

2022年11月24日 16:05

651名の医師が参考になったと回答 


 直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)リバーロキサバンは、下肢血行再建術施行後の末梢動脈疾患(PAD)患者における血栓・塞栓形成抑制の適応が承認された初の抗凝固薬である。同適応を有する新規格の2.5mg錠を今年(2022)10月に発売したバイエル薬品は11月10日にプレスセミナーを開催。旭川医科大学外科学講座血管・呼吸・腫瘍病態外科学分野教授の東信良氏が下肢のPADの重要性と治療の課題について解説、小倉記念病院(福岡県)循環器内科部長の曽我芳光氏は下肢血行再建術後のPAD患者に対し新たな治療選択肢となるリバーロキサバンとアスピリンの併用療法について紹介した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  リバーロキサバンは下肢PADの新たな選択肢