メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  血栓塞栓症+炎症性腸疾患は予後不良

血栓塞栓症+炎症性腸疾患は予後不良

重症化・死亡率は10%

2022年11月25日 17:18

803名の医師が参考になったと回答 

 日本の静脈血栓塞栓症(VTE)発生頻度は欧米と同等で、血栓塞栓症(TE)合併炎症性腸疾患(IBD)ではTE関連重症化および死亡の頻度は10%と高いことが示された。旭川医科大学病態代謝・消化器・血液腫瘍制御内科の安藤勝祥氏は、日本におけるTE合併IBDの重症化・死亡症例の実態を調査。第30回日本消化器関連学会週間(JDDW 2022、10月27~30日)で行われた第64回日本消化器病学会会長賞受賞講演で研究結果を報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  血栓塞栓症+炎症性腸疾患は予後不良