メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  どうする?発汗検査陰性の多汗症患者

どうする?発汗検査陰性の多汗症患者

2022年11月25日 15:15

728名の医師が参考になったと回答 

 「全身が熱い」「体がスライムに覆われているように感じる」といった多汗症症状と衣服やシーツに染み込むほどの強い発汗を訴える患者。これまでに他の医療機関でオキシブチニン、グリコピロニウム、ソリフェナシン、hyoscyamine(ムスカリン受容体拮抗薬)、トピラマート、クロニジンが処方されたが効果がなく、臨床検査上も異常が見られないー。米・Case Western Reserve University School of MedicineのMegan V. Ha氏らは「こうした症例に遭遇したら、Minor法(ヨウ素デンプン反応関連法)による発汗検査に際して2つのことを勧める」とJAAD Case Rep2022; 29: 164-166)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  どうする?発汗検査陰性の多汗症患者