メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  乾癬初のTYK2阻害薬、経口薬の選択肢拡大

乾癬初のTYK2阻害薬、経口薬の選択肢拡大

2022年11月28日 16:25

481名の医師が参考になったと回答 

 名古屋市立大学大学院加齢・環境皮膚科学分野教授の森田明理氏は、ブリストル・マイヤーズ スクイブが11月10日に開催したメディアセミナーに登壇。同社が9月26日に承認を取得し、11月16日に発売した乾癬治療薬でチロシンキナーゼ2(TYK2)阻害薬デュークラバシチニブ(商品名ソーティクツ)について、「デュークラバシチニブの投与は既存治療に対する効果不十分例だけでなく、局所療法に効果不十分な難治性の皮疹を有する患者にも適している」との考えを示した。また同薬の臨床試験の結果を踏まえ「ある程度の期間投与を継続すると皮疹が消失する可能性があるなど、非常に期待が持てる薬剤である」と述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  乾癬初のTYK2阻害薬、経口薬の選択肢拡大