メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  出口戦略占う、地方のコロナ感染実態

出口戦略占う、地方のコロナ感染実態

静岡県がデータを公表、類型変更に期待

2022年11月29日 16:59

732名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の死亡リスクや重症化リスクは、ワクチン接種率の向上と流行株の入れ替わりを背景に流行初期から大幅に低下している。11月24日の参議院厚生労働委員会で感染症法の改正案が可決され、今秋(2022年)にも成立する見通しが立ったことで、来年度には各都道府県で新たな医療計画と感染症予防計画が策定されるなど、新規感染症によるパンデミックに備えるとともに医療や社会を平時に戻していく出口戦略が具体化する見込みだ。行政医師として地域の医療行政・感染症対策に携わってきた静岡県健康福祉部の後藤幹生氏は、静岡県における新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染状況と出口戦略について第36回日本エイズ学会(11月18~20日)で発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  出口戦略占う、地方のコロナ感染実態