メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  片頭痛への抗CGRP抗体、奏効例の特徴

片頭痛への抗CGRP抗体、奏効例の特徴

イタリア・864例の実臨床データを解析

2022年11月29日 16:17

713名の医師が参考になったと回答 

 イタリア・IRCCS San Raffaele Roma/San Raffaele UniversityのPiero Barbanti氏らは、片頭痛患者864例を対象に多施設前向き研究を行い、抗カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)抗体(エレヌマブ、ガルカネズマブ、フレマネズマブ)に対する反応性の予測因子を特定したと J Headache Pain2022; 23: 138)に発表した。高頻度反復性片頭痛(HFEM)患者、慢性片頭痛(CM)患者ごとに判明した予測因子は、患者の自己申告により簡単に評価できるものだという。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  片頭痛への抗CGRP抗体、奏効例の特徴