メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  認知症の新薬に備え、6学会一丸で課題対応

認知症の新薬に備え、6学会一丸で課題対応

山積する課題に危機感

2022年11月30日 16:24

686名の医師が参考になったと回答 

 日本認知症学会、日本老年精神医学会など認知症に関連する6学会は11月26日に記者会見を開き、アルツハイマー病(AD)に対する疾患修飾薬である抗アミロイドβ(Aβ)抗体の国内での実用化を見据え、「認知症疾患治療の新時代を迎えて」と題する提言を発表した。疾患修飾薬の投与患者の選定や副作用のモニタリングに必要とされるアミロイドPET検査、脳脊髄液検査などの保険収載を含めた医療提供体制の構築、認知症専門医など人材の育成、費用効果の議論などを喫緊の課題として挙げた上で、「6学会は特定の立場に偏ることなく、国民の健康増進に向けて力を合わせてゆきたい」と一丸となって取り組む姿勢を表明した。疾患修飾薬の臨床導入をめぐっては、これまで認知症専門医から「既存の枠組みでは不十分であり、さまざまな課題への早急な対応が急務となる」ことが指摘されていた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  認知症の新薬に備え、6学会一丸で課題対応