メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  AD新薬のlecanemab、認知機能低下を抑制

AD新薬のlecanemab、認知機能低下を抑制

第Ⅲ相試験の詳細を報告

2022年12月01日 17:28

677名の医師が参考になったと回答 

 早期アルツハイマー病(AD)患者を対象に、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体lecanemabの有効性と安全性をプラセボと比較した第Ⅲ相ランダム化比較試験Clarity ADでは、主要評価項目である臨床的認知症重症度判定尺度(CDR-SB※1)の悪化がプラセボ群と比べて27%有意に抑制されたことが示されている(関連記事「Lecanemab、早期ADを対象とした第Ⅲ相で主要評価項目を達成」)。米国およびオンラインで開催された第15回アルツハイマー病臨床試験会議(CTAD、11月29日〜12月2日)では結果の詳細が報告され、N Engl J Med2022年11月29日オンライン版)に同時掲載された。同薬が早期ADにおける認知および機能低下を抑制することが明らかになった。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

治安は悪化している? この1年で防犯対策をしましたか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  AD新薬のlecanemab、認知機能低下を抑制