メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  超早産児への酸抑制薬、神経障害リスク増

超早産児への酸抑制薬、神経障害リスク増

2022年12月02日 05:15

686名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 @Adobe Stock※画像はイメージです

 超早産児は2歳までに酸分泌抑制薬に曝露すると、10歳時点での神経認知機能や神経発達に有害な影響を及ぼす他、自閉症スペクトラム障害(ASD)およびてんかんのリスクが高まる可能性があることが分かった。米・Wake Forest University School of MedicineのElizabeth T. Jensen氏らが、JAMA Netw Open(2022; 5: e2241943に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  超早産児への酸抑制薬、神経障害リスク増