メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  第Ⅹa因子阻害薬3剤に間質性肺炎のリスク

第Ⅹa因子阻害薬3剤に間質性肺炎のリスク

ダビガトランとは関連認めず

2022年12月05日 16:21

734名の医師が参考になったと回答 

 症例報告や医薬品安全性監視(ファーマコビジランス)分析により、第Xa因子(FXa)阻害薬による間質性肺疾患(ILD)のリスク増大の懸念が浮上している。台湾・Chang Gung Memorial HospitalのYi-Hsin Chan氏らは非弁膜症性心房細動(NVAF)患者10万例超を対象に、経口抗凝固薬(OAC)による新規ILDのリスクを評価する全国的な後ろ向きコホート研究を実施した。その結果、OACによる治療を受けたNVAF患者では、FXa阻害薬(アピキサバン、エドキサバン、リバーロキサバン)3剤がILD発症と関連した一方で、ダビガトランとは関連はないことが示されたと、JAMA Netw Open2022; 5: e2443307)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  第Ⅹa因子阻害薬3剤に間質性肺炎のリスク