メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  がん治療薬ADC、9割に治療関連の有害事象

がん治療薬ADC、9割に治療関連の有害事象

システマチックレビューとメタ解析

2022年12月05日 16:36

688名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 抗体薬物複合体(ADC)はがん治療を著明に進歩させたが、臨床現場で有効活用するには毒性と有害事象についてあらゆる側面から検討し、治療指針を確立する必要がある。中国・Xiangya HospitalのYouwen Zhu氏らは169件の臨床試験データを基に、ADCに関連する有害事象を包括的に検討。治療関連AEの発現率は90%超と極めて高いこと、抗がん薬治療における一般的な副作用に加え血液関連の有害事象が多いこと、ADCの構成要素や標的、がんの種類により、有害事象の発現率が異なることなどをCancer2022年11月21日オンライン版)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  がん治療薬ADC、9割に治療関連の有害事象